私の薄毛はこうやって進行した・・・

髪の毛には気を遣ってきたつもりだった

私の家族はどちらかというと薄毛の家系なので、私もその可能性が高いという危機感がありました。そのため、20代の半ばくらいから、できるだけ髪の毛には気を遣うようにしてきました。ほぼ毎日のように育毛トニックをつけるようにしていましたし、きちんと頭皮の皮脂を取るように、しっかりとシャンプーをするようにもしていました。さらに、頭皮のマッサージをしてきちんと頭皮の血の流れがスムーズになるようにもしていました。

こうした努力を払っていたのですが、30代になると髪の毛が少なくなっていることに気づくようになりました。最初は、生え際が少し後退しているかなという感じで、だんだんと全体的に髪の毛の密度が薄くなっていったのです。髪の毛の質自体も落ちていったようで、ぱさぱさになっていき、細くて腰のない髪の毛となってきてしまいました。今までずっと気を遣ってきたのに、とかなりショックだったのを覚えています。

 

いろいろな育毛商品を使うようになる

薄毛が始まっているということに気づいてからは、少しでも良くなりたいと思って、いろいろな商品を試すようになりました。まず、チャップアップなどの育毛剤をネットで取り寄せて使うようになりました。同時にスカルプ系の育毛シャンプーに変えて、よりきちんと頭皮をきれいにできるようにすることも心掛けました。ところが、多少の効果はあったとは思うのですが、抜け毛が止まることはなく、少しずつ薄毛が進行していき、薄い部分が頭のてっぺんにまでいくようになりました。亜鉛などの成分が含まれた育毛サプリも飲むようにして、いろいろな方法を試してみようと思いましたが、やはり目立った効果は出ず、さらに苦しい思いをすることになりました。AGA治療薬の存在は知っていましたが、副作用があるのではないかという恐怖心がありましたし、なんとなく病院に行って治療するということにためらいもあったので、ずっと行けずにいたのです。